忍者ブログ
カテゴリー
プロフィール
HN:
薫令(かおれ)
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1987/02/23
職業:
大学生
趣味:
手芸・工芸・文芸
自己紹介:
ドール大好きっ子の薫令です。
手芸も写真も好きなので、
outfitを作ったり、
いろんな場所で写真を撮ったり。
そんな活動の記録です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


カテゴリの途中ですが、
ネタは新鮮なうちがよいと思うので、
小話だけ投下します。

場所は 先日のスタジオ撮影会です。
ご協力くださった珠さん、komoさん、ありがとうございます。

+++

この小話における設定
(口調など、各オーナーさまの設定とは違います)

アキラ@天草→高校生。姉の螢と付き合ってる。
螢@薪16少女→大学生。アキラの姉。小悪魔で駆け引きを楽しんでる。

九朗@旧29番(珠さま)→螢の友人。というか悪友? 摂のことを大事に思っている

摂@キャプテンセシル(珠さま)→九朗とは従兄弟。九朗を慕っている純朴な少年。
ティア@BF Diana(komoさま)→通りすがりの女の子。捨てられた子犬を見過ごせないタイプ。
悠@レイズナー3(珠さま)→摂の兄。世慣れた大人。

+++

ピントが違ったりするので、拡大してお楽しみください。

P1050885.JPG

螢:九朗。ちょっと手伝ってほしいんだけど。

九朗:手伝うって…「また」か?

螢:あら。そんなにしょっちゅうじゃないでしょ

九朗:そうだけど…。で、今度はどんな男なんだ?

螢:そうねぇ…シャイで奥手で……犬みたいな子よ。

九朗:それはまた…いつもとタイプが違うな

螢:たまには、そーゆーのもいいでしょ?

九朗:ふーん。

螢:ほらっ、のってくれるの?くれないの?

P1050903.JPG

九朗:螢がそいつのことをどう思ってるのか、聞かせてくれたら…な

螢:どうして? いつもは何も言わずにオッケーしてくれるじゃない

九朗:興味がわいた。

螢:いぢわるっ

九朗:別にいいんだぜ、俺じゃなくても。使い勝手いいのは、いっぱいいるだろ

螢:いるにはいるけど…九朗が一番だもん

九朗:ははっ…おまえらしいよ

螢:どーゆー意味よ

P1050912.JPG

アキラ:ね、姉さん?

P1050910.JPG

九朗:なぁ螢。俺だってリスクしょってるんだぜ。
   メリットのひとつやふたつ、あったっていいじゃないか

螢:それは…そうだけど

九朗:教えろよ

螢:誰にも言わない?

九朗:もちろん…そこで見てるあいつにはいわないぜ

螢:あら、わかっちゃった?

九朗:バレバレだっての

P1050918.JPG

九朗:意外と可愛いじゃないか

螢:でしょ。からかいがいもあって、ホント退屈しないわ

九朗:だろうな(螢の腰に手を回す

螢:意外とノリノリじゃない

九朗:退屈しのぎ、だよ。もう少しこっちくる?

P1050931.JPG

螢:(アキラは、いつになったら来るかしら)

九朗:おまえって、ホントに小悪魔だよな

螢:そんなことないわよー。

P1050949.JPG

アキラ:…もう見てらんないよ

P1050937.JPG

九朗:そんなことあるだろう。あんな初心そうな奴を手玉にとって

螢:思い通りになって、楽しいわよ

九朗:…それだけ?

螢:え…っ?

九朗:マジ、なんだろ?

螢:…

P1050952.JPG

摂:(あれってもしかして、きゅーちゃんかな?
   でも女の人といっしょ。声かけちゃ駄目、だよね)

P1050954.JPG

九朗:あ。

螢:??

P1050956.JPG

螢:あら、可愛い子。

九朗:アレはダメだ。手、つけるなよ

螢:え~、どうしよっかな~

P1050963.JPG

九朗:ほ、ほら、おまえのアイツ。いいのか?

螢:……私を放っておいて、いい度胸ね

九朗:(なんとか興味をそらせた…かな)

P1050960.JPG

ティア:大丈夫?

アキラ:!! あ、いや…

ティア:ティア、なぐさめてあげる。

アキラ:う、うん……

P1050966.JPG

悠:どうした、ティア嬢?

ティア:この子…

悠:あぁ、なるほど。安心しろ坊や。女性は彼女ひとりじゃない

アキラ:…あ、あのっ

ティア:ティアも女の子。

アキラ:え、あ、はい…

悠:もっと魅力的な女はたくさんいる

ティア:ティア、魅力的?

アキラ:えっ……

悠:ほら、聞いてるぞ

アキラ:え…っと……ティア、さん、は、可愛いと思います

悠:だろ。周りを見れば可愛い子なんていっぱいいるんだ。
  さ、俺と一緒に行こうぜ。いい子紹介してやる。

アキラ:え、あの、それは……

+++

ということで、オチもなく終了です。

このあと、アキラは螢に怒られるんだろうなー。
そのあたりの話も書きたいんですけど、
ストーリーがまとまらないので…。

拍手

PR

バレンタインデーのお話。
季節外れですが、
ようやく書きあがったので。

アキラと螢の
禁断のラブストーリー (って書くと、なんか笑えるけど
でも今回は螢は出てきません。
アキラの学校のお話です。

例によってセリフだけですが。
「つづき」からどうぞ。



拍手


本日2つ目の記事です。
1つ目は、この記事の下にあります。

+++

ドールをモデルにしたSSです。
お花見その1から続いています。

姉とケンカをしてしまったアキラ。
すれ違うふたりの想いは交わることができるのか?

「つづき」からどうぞ。





拍手


突発的に書きたくなったので、
書いてしまいました。
ホワイトデー後のSS。
アキラ@天草視点です。


大好きな姉と両想いになれたアキラ。
だけどふたりの気持ちにはズレがあって…。


「つづき」からどうぞ。

拍手

姉が好きで好きでたまらない弟と、
弟が自分を好きだと知っていて誘惑する姉。
そんなふたりのホワイトデー。

セリフだけのシナリオですが、
せっかくなのでUPしておきます。


拍手

姉が好きで好きでたまらない弟と、
弟が自分を好きだと知っていて誘惑する姉。
そんなふたりのバレンタイン。

セリフだけのシナリオですが、
せっかくなのでUPしておきます。




拍手

Copyright c 小夜曲。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]