忍者ブログ
カテゴリー
プロフィール
HN:
薫令(かおれ)
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1987/02/23
職業:
大学生
趣味:
手芸・工芸・文芸
自己紹介:
ドール大好きっ子の薫令です。
手芸も写真も好きなので、
outfitを作ったり、
いろんな場所で写真を撮ったり。
そんな活動の記録です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブライスとオビツボディについて
検索でひっかかっているようですので、
少し書いてみたいと思います。

個人の主観と、
個人的に行ったカスタム(改造)の記録です。
写真付きのカスタムレポではありません。
ブライスに、どのオビツボディがオススメなのか、
どんなカスタムをしたらいいのか。
そんなことを文字で記録したものです。

この記録を参考にされる際は、
個人の責任において行ってください。

+++

所有ブライス
テーラーギブソン(普通肌、ラディエンス)
おでかけキモノ娘(色白肌、スペリオール)
ベリーヴィッキー(ナチュラルスキン、フェアレスト)

検証済みオビツボディ
オビツボディ21
オビツボディ23
オビツボディ25 S胸・L胸
(23SBHについても少し触れています)

オビツショップ公式サイト
http://www.obitsu.co.jp/shopcart/index.html




■1■ブライスにオビツボディをつけたときの利点
可動が広がります。
さまざまなポーズをつけることができます。
ポージングについては
オビツの公式サイトをご参照ください。

ハンドを交換できます。
ブライスボディではできなかったハンドが
可能になります。

オビツ23SBH&25のみに言えることですが、
バストサイズが選べます。
ドールの設定に合ったバストサイズを
選ぶことができます。
ちなみに、ブライスボディに近いものはS胸です。

手足、もしくは手足&胴体がプラスチックのため、
服の着せ替えがブライスボディよりラクになります。
(あくまで主観です)




■2■ブライスにオビツボディをつけたときの難点
ヘッドが重いため、首が座りにくくなります。

オビツ21&23のみに言えることですが、
首を傾げすぎると
ボディが横のラインから2分割されます。
接着剤等を使用すれば
改良されるかもしれません(未確認です)

オビツ23SBH&25の胴体はソフビ製です。
手足のプラスチック部分より色うつりしやすい素材です。

一部、服の互換性の問題があります。
こちらにつきましては、後に記述します。





■3■オビツボディとブライス服の互換性
オビツボディとブライス服の互換性について説明します。
ここで言うブライス服とは、
公式ブライス服および、
ブライスボディをもとに製作された型紙による服です。
また、Groove製の服に関しても記録してあります。

+オビツ21&23
胸、胴体がブライスボディより細身です。
手足の長さはブライスボディと同じくらいなので、
ブライス服を着ることはできます。
ただし、チューブトップなど、
バストやウエストでとめるタイプのものは難しいです。
プーリップやダル、ビョル(Groove)の洋服も着られます。
ただし、プーリップ服は手足が余ります。
ダル、ビョル服はおおむねピッタリです(主観です)

+オビツ23SBH
こちらは所有していないので未確認ですが、
公式サイトの資料を拝見した限りでは、
ブライス服を着用することができると思います。
手足はオビツ23と同じか若干長い程度です。
袖丈の問題はないと思います。
胸ですが、ブライスボディに近いS胸を選択されていれば、
ブライス服は問題なく着られます(オビツ25S胸で確認済み)
L胸を選択された場合、デザインによっては
着られない服があります(オビツ25L胸で確認済み)
※オビツ23SBHと25の胸サイズは同じです
プーリップやダル、ビョル(Groove)の洋服も着られます。
ただし、プーリップ服は手足が余ります。
ダル、ビョル服はおおむねピッタリです(主観です)
Groove服に関しても
バストサイズはS胸がちょうどいいようですが、
デザインによってはL胸でも着用可能です。
(オビツ25L胸で確認済み)
ウエストサイズについては、問題ありませんでした。
(オビツ25で確認済み)

+オビツ25
手足がブライスボディより長いので、
長袖長ズボンや着物は袖丈が足りません。
約1~2センチ足りないので、
はっきりとわかります(主観です)
胸ですが、ブライスボディに近いS胸を選択されていれば、
ブライス服は問題なく着られます。
L胸を選択された場合、
デザインによっては着られない服があります。
プーリップやダル、ビョル(Groove)の洋服も着られます。
ただし、プーリップ服は若干手足が余りますが、
ブライス服の足りなさよりはいいでしょう(主観です)
ダル、ビョル服は手足が足りないことがあります。
靴、靴下はオビツボディの方が肉付きがいいので、
使用不可のことがあります。
また、ハンドの形状が違うので、
手袋も使用不可のことがあります。
Groove服に関しても
バストサイズはS胸がちょうどいいようですが、
デザインによってはL胸でも着用可能です。
ウエストサイズについては、問題ありませんでした。




■4■肌の色
オビツボディは2色展開。
ナチュラル
ホワイティ

ブライスとオビツボディの色をあわせてみた結果、
オススメしたい組み合わせを紹介します。
色白肌:ホワイティ
普通肌:ナチュラル
ナチュラルスキン:ナチュラル




■5■首部分の取り付け
ブライスヘッドのボディ取り付け部分は、
顔型によって異なります。
スペリオール
ラディエンス&フェアレスト
というように2種類ありました。

オビツボディの首ジョイント部分も
2種類に分けられます。
オビツ21&23
オビツ23SBH&25

ヘッドがどのタイプであれ、
行う作業は同じです。
よって、ここではボディについて
説明したいと思います。

+共通項
ヘッドアダプタを一番大きなものに取り換えます。
取り替え方法はパッケージに記載してあります。

+オビツ21&23
首への加工が必要です。
首とヘッドアダプタの間を太くします。
方法はいくつかあります。
手芸用のゴム(白いもの)を巻きつける
化粧用コットンを巻きつける
私はコットンの方法をとっていました。
個人的な主観ですが、
スペリオールのほうがラディエンスよりも
しっかりと固定される気がします(主観です)

+オビツ23SBH&25
首への加工は必要ありません。
首の外皮とヘッドアダプタの間が
タイプ1より狭いため、
ブライスヘッドにぴったり収まります。



■6■後記
私が3年間、ブライス+オビツボディを使い続けてきた経験を
ずらっと書いてみました。
最後まで見てくださってありがとうございます。
あなたの参考になれば幸いです。
そして、オビツボディのブライスがもっと増えるといいなと思います。

このレポに関して、ご意見などありましたら、
コメント、拍手、どこからでもかまいませんので教えてください。

それでは。


拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright c 小夜曲。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]